<おとなの矯正治療を受けられる方へ>

皆さん歯並びやかみあわせについて考えたことありますか?

一言で歯並びと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか!

​(叢生)

​矯正を行う上で最も多い歯並びの一つです。虫歯、歯周病になりやすく、重度の叢生ではあごの痛みや顎関節症の原因になりやすく、肩こり、頭痛などの慢性的な症状が生じやすいです ブラッシングがしにくいため歯の治療の頻度があがります。

​(上顎前突)

​ 一般的に出っ歯と呼ばれる歯ならびのことです 先天的な原因と生活習慣からくる後天的な原因があります 口元が閉じずに口腔乾燥により虫歯や歯周病になりやすい 肩こり、頭痛、顎関節症など様々な慢性的な症状の原因になりやすく、口呼吸を伴うため免疫力低下により健康面に悪影響が生じやすいです。

​(開咬)

​ 前歯が閉じず、正しいかみ合わせが出来ていません 遺伝的な顎の骨格問題と幼少期のおしゃぶりが原因とされていますが、舌の機能も関与しています 食べ物をかみ切れない、発音がしにくい、奥歯が痛みやすく、歯の寿命が縮まる可能性があり,顎関節症の原因にもなります 口呼吸になりやすく免疫力がさがります。

​(下顎前突)

​ 一般的に受け口といわれる歯並びのことをいいます 下の歯が前歯を覆っている状態をいい、上顎の劣成長や下顎の過度な発達が見られ、前歯の機能が十分に果たされないため、奥歯が傷みやすい、あごが痛い、顎関節症の原因ともなります 鼻疾患が多く、中顔面の発達特に横顔の輪郭に影響します。

​ 上下のあごが左右にずれてかみ合わない症状のことをいいます 上の歯が下の歯の内側に入り込んでいるために、かみ合わせが逆転し、口元のゆがみやお顔の輪郭のひずみにつながります 歯の摩耗、歯周病、顎関節症の原因にもなります。

​(交叉咬合)

​ 上の前歯が下の前歯を覆っている状態にあります 遺伝的な要因と食いしばりが強いなどの後天的な要因があります 下の歯の摩耗や歯肉炎や歯周病につながり、あごの痛みや顎関節症の原因にもなります。

​(過蓋咬合)

 メイプル歯科クリニックでは【健康増進(wellness)とスマイル(smile)づくり】に全力で取り組んでいます。

そのひとつとして【健康な歯をできるだけ長持ちする】というコンセプトのもと、歯科治療をおこなっています。

最近は歯と全身の密接な関係が言われていますが、当院では【炎症】対策(歯と歯茎の手入れをする)【力】対策(美しい歯並びや良いかみ合わせにする)の両方からアプローチしています。日本では今でも炎症対策のみに視点が行き、力対策は審美的側面にしか見られず、口腔や全身の基本的な予防医療になるという考えがまだ普及していません。

お口の状態も、歯だけの治療で噛めればいいという考えではなく、長期的な健康が保てるように、歯のバランスと体のバランスを考慮したお口全体のトータルな治療・予防を実施しています。

【美しい歯並びや良いかみ合わせ】をプロデュースする矯正治療は お口の中の状況を根本的に改善できる治療であり、80歳をゴールとみなせば お口のトラブルを回避できる予防歯科になり、さらにはsmileづくりとwellness増進を確実に生み出し健康長寿につながります。

きれいな歯ならびや良いかみ合わせにすることは審美的にも大切で素晴らしいことです 将来の【認知症】【寝たきり】にならないための【予防的な歯科医療】でもあり、超高齢社会に向かって【ご自分の歯で一生涯現役で生活する】ための【未来志向型の歯科医療】にもなります。

【症状が出たら対処する】を繰り返すのではなく、それを未然に防ぎ、歯の痛み、虫歯、歯周病、顎関節症、お口に付随する筋肉痛等で悩むことのない健やかな人生を送ることができればどんなに幸せなことでしょうと考えています。 

これからも多くの患者さんに魅力的な笑顔と健やかな人生を送って頂けることができるように、最新の知識・技術を習得し、世界基準の学際的な治療をご提供できるように日々精進していきます。

0995-47-6588