​<むし歯治療を受けられる方>

​むし歯になる原因とは

1.間違ったケア(ブラッシングなど)

2.間食(糖質によるもの)が多い

3.歯の質が弱い

4.唾液の質、量に問題がある

                    

ここれらが主にむし歯を誘発してしまうことです。

   【C0】

まだ​虫歯ではないが、虫歯になる可能性があります。

   【C1】

​初期の虫歯で、歯の表層(エナメル質)までの進行している可能性がある。

(​むし歯の分類)

   【C2】

​中等度の虫歯で、中間部(象牙質)まで達している可能性があり、症状が出やすくなります。

   【C3】

​重度の虫歯で、歯の神経まで虫歯が達している状態です。激痛を伴う症状が出ます。

【C4】

末期の状態で、歯茎の中まで虫歯が達している状態です。細菌感染により残せる可能性は低いです。

​C0、C1の治療の場合

経過観察、シーラント、プラスチックの詰め物

(コンポジットレジン)の処置になりやすいです。

​C2、C1(歯と歯の間)の治療の場合

​形成後

治療後の状態

(来院2回での保険内(CR)での処置)

小さな銀歯(インレー)、プラスチックの詰め物(コンポジットレジン)にて行います。

​自費診療では白い詰め物も製作可能です。

 

​C3の治療の場合

来院回数が増えてしまうため、ここまでにならないためにも予防が重要なポイントです。

​歯の中にある神経を取るケースがほとんどです。

神経の治療後では被せ物をつけていくケースが多いです。

被せ物⇒保険:銀歯

      自費:白い材質や金歯など種類などあり

​C4の治療の場合

​Br(ブリッジ)

​入れ歯(義歯)

インプラント(人工歯根)

<自費診療>

C4まで進行したむし歯に関しては、抜歯を行うケースがほとんどです。

抜歯した後の処置ではBr、義歯、インプラント(自費診療)になります。

0995-47-6588