奥歯がなくなることによる骨格筋減少症【サルコぺニア】が寝たきりの初期要因だといわれています。


分の歯でたべることによって糖質代謝の改善ができ、筋肉量や骨量を増やし、内臓脂肪を減少し体組成改善にもつながります。

入れ歯を利用すればかむことはできますが、おいしさと歯ごたえという点では、かなり劣ります。高齢になるにつれて多くの人は免疫力が弱まり,心肺機能や修復機能も低下し食事から十分な栄養を取れるかどうかで、健康維持や病気の回復などに大きな差が出ます。何でもおいしく食べて質の高い生活を送るためにも歯を長持ちさせたいものです。一生涯を元気に過ごすには健康な歯があってこそだと言えます。

お知らせ
アーカイブ
タグ

0995-47-6588